失われたドーナツの穴を求めて


失われたドーナツの穴を求めて
芝垣亮介・奥田太郎 編

定価(本体1,800円+税)
2017年7月4日発売
A5判並製/224頁
ISBN 978-4-9909566-0-8 C0000
発行 さいはて社

数量 :   







穴があったら入りたい!? 学問、人生、宇宙の謎。すべての穴はドーナツに通ず。歴史学、経済学、物質文化論、コミュニケーション学、工学、数学、言語学、哲学・・・。人類の叡智をドーナツの穴へと傾注した知の宝石箱。ドーナトロジーへようこそ!


ひょんなことからドーナツの穴に魅せられた言語学者が、ドーナツ屋と一緒に古来のレシピを再現したり、歴史学者が古代の中国にドーナツの穴を探したり、数学者がドーナツの穴を定義しようと位相幾何学を持ち出したり、哲学者がドーナツの穴の存在論を展開したり・・・。研究者たちが、こぞって「ドーナツの穴」を探求し、本気の遊びを繰り広げます!

はじめに
第0穴 ドーナツとその穴にまつわる深い謎を学問する
    ― ドーナトロジーへようこそ  奥田太郎
第1穴[歴史学] ドーナッツの穴はいつからあるのか  大澤広晃
第2穴[実証研究] 失われたドーナツの穴を求めて
                       芝垣亮介[松川寛紀 監修]
第3穴[経済学] ドーナツの穴はいくらで売れるのか  後藤剛史
第4穴[物質文化論] ドーナツの穴から世界の成り立ちを覗く  佐藤啓介
第5穴[コミュニケーション学] ドーナツの穴に向かって会話する  今井達也
第6穴[数学] ドーナツの穴は数学的に定義できるか  佐々木克巳
第7穴[言語学] 私たちは何を「ドーナツの穴」と呼ぶのか  芝垣亮介
第8穴[哲学] ドーナツに穴は存在するのか  奥田太郎

穴コラム0 ドーナツの形は宇宙の形?  奥田太郎
穴コラム1 中国から考えるドーナツの穴①
      ― 武漢面窩と中国の「近代」  宮原佳昭
穴コラム2-1 僕たちがドーナツ屋になったワケ  松川寛紀
穴コラム2-2 ハグジー流・家庭でできるおいしいドーナツのレシピ
                       松川寛紀・松川由実
穴コラム3 穴馬考 ― あなたの、そして私の穴が走っています  髙田一樹
穴コラム4 天体観測ミッションとドーナツ  坂本 登
穴コラム5 中国から考えるドーナツの穴② ― 漢字・文物・貨幣  宮原佳昭
穴コラム6 不思議の国のアリスにみる穴だけ残ったドーナツ!  佐々木克巳
穴コラム7-1 穴を掘るって、地面を掘るんじゃないの?  芝垣亮介
穴コラム7-2 穴を埋めると穴はなくなってしまうのか?  芝垣亮介
「ドーナツの穴」を学ぶ人のための必読書
特別寄稿 本書の穴を埋める  加地大介
あとがき

芝垣亮介(しばがき・りょうすけ)
1980年生まれ。ロンドン大学東洋アフリカ学院大学院で学ぶ。博士(言語学)。南山大学外国語学部准教授。専門は言語学。

奥田太郎(おくだ・たろう)
1973年生まれ。京都大学大学院文学研究科で学ぶ。博士(文学)。南山大学人文学部教授。専門は哲学。